暗いニュースばっかり聞かせられる理由なんて、どこにもないよね

 

顔面を褒められてLINEを聞かれましたが、他人と間違えているんじゃないのか怖くて仕方ないです。
そしてID教えたのに新規登録の通知が来ません。
 
▼いつの時代も暗いニュースなんてたくさんありますよね
ブラック企業で精神がやられたとか、
年金がなくなりそうだとか、
生涯未婚率が高くなってるだとか、
 
もう、めちゃくちゃ悲観的な暗いニュースばっかり聞いたら希望なんてないように思えますよね。
昔はよかったと聞いて、昔になりたくはないけど年寄りよ、自分達の事も少しは考えてくれよとは思います。
 
確かに暗いニュースはめちゃくちゃあると思うんですけどね。
それが全てではないんですよね
▼時代は変わるし価値観も変わるし何なら情報は信じられない
メディア批判はたくさんあるけれども、テレビっ子は一度日本のメディア自由度を見てみてください。
これが、2017年の事実です。
 
よく、メディア・リテラシーで、見えないことは映っていない云々カンヌンっていうのがあるけれども、
それ以前に自由度少なすぎやん。
 
それでも、皆テレビの言うことを鵜呑みにしてしまうんですよね。
この時期に、3年生が大手企業に慌ててインターンを申し込んで落ちまくって
ベンチャーインターンに挑戦し始めるんですよね。
別にディスっているわけではなくて、何で考えてこなかったんだろうという疑問です。
 
大人の言うことを聞くのも大切だけど
大人の言うことを鵜呑みにするバカって一番愚かじゃないですか?
▼子供の時の目線と、大人になってからの目線が違うように、若者の目線だって違う
大人なったから、子供のときのように純粋な心を失ってしまったかもしれません。
でも、その代わりにどんなに手に入れたくても老人が手に入れられないのが時間です。
 
お金と引き換えに、買われているもの。
 
時間は最大の武器です。最大の防御です。
これは、何においてもそう。
 
予想は予想に過ぎないし、悲観的な未来を見ている大人の鼻をあかすことができるような未来を作っていきたいと思うところですよね。
何よりも、暗いニュースを望んでもないのに聞かないといけない世界って何なんでしょうね。
何その究極のM思考。
 
自分はいつでも幸せなニュースだけ聞いていたいし、何なら老衰や病気による死亡以外の悲しいニュースは聞きたくないです。
これを言うと贅沢だと言ってくる人がいるかもしれないけど、これを贅沢だと言うのはおかしい。
 
暗いニュースを聞かないために、今日もメディアは信用せずに楽しく見ています。