何でそんなにお金の話にこだわるのってよく言われるからここまでお金の話に執着する理由を語ってみる。

梅雨に入る前には梅雨で寒くなることが想像できないのに、どうして急に寒くなるんですかね。
山の上に住んでいるからでしょうか。
▼お金は中立な立場だし、ただの手段にすぎない
もうこの世においてはあらゆるものに値段がついていますよね。
あらゆる物に値段がついているという事は、お金は自己中心的な欲望にすぐ繋がります。
 
だって、お金でそれらが手に入るということだから。
愛は買えないとか、時間は買えないとか黙ってください。
買おうと思えば代替物は変えますよね。
 
自己中心的な欲望に使われやすくなった金は、段々欲望を実現する目的として扱われてしまってきました。
しかし、ここが問題です。
本来は、発展のための手段としてできたものです。
 
どう違うかって?
お金の始まりは、物々交換をするのが大変だから、交換の代わりに共通単位を作ったのがはじまりです。
(諸説あるとかは大丈夫です。足りています。言い出したらキリがないので後で語り合いましょう)
そもそも物を手に入れるために持つ手段でしかなかったんですよね。
 
だから、お金が悪だという考え方は、おかしいんです
▼正しく運用できれば経済成長は発展し続ける
本来発展のための手段として作られたお金には、上限はありません。
なぜなら、お金というのは本当は通貨や紙幣といった物質ではなく、信用にすぎないからです。
 
クレジットカードを考えてみてください。
カードを出して、口座から引き落とされるのに、紙幣は行き来しません。
ただ、信用関係がなりたって数字が視覚上は行き来しているだけです。
だから「クレジット」と言うのか言わないのかは分かりませんが。
 
経済成長はいつかはしないんじゃないのかって思っているかもしれません。
しかし、お金は物質ではなく、信用である限り、確実にお金は増えていきます。
なぜなら、目に見えない存在になるからです。
面白いですよね。目に見えない、目で明確に確認できる存在がお金です。
 
▼「皆が幸せになる」詐欺みたいな現実は確実に実現できる
よく、資本主義社会では皆が成功はしない、ゼロサムゲームだという人がいます。
大学の教授も、投資論を教える時にそんな馬鹿なことを言い出します。
 
確かに、ゼロサムゲームの金融商品も存在しています。
しかし、これはお金を欲望の目的として設定しているから結果としてゼロサムになるだけです。
 
本来の金融商品は、もちろんリスクも存在していますが、全体の経済成長はなされると考えられています。
要するに、競争はし続けるし、負ける可能性もあるけれども、でも、市場は大きくなっていく状態です。
 
株は危険だ、という人もいるかもしれません。
しかし、株式というのは、本来、
会社は事業を運営する為の資本を集めることができ、
従業員は資本が集まり事業を成長させていくことができ、
顧客は会社を助けることで利益を分配されることができる
 
という全ての方向にWinがなりたつ関係になっています。
だから、資本主義の発展のためにはお金を正しく運用する人間が一人でも多くないといけないんですよね。
(正しい、というのは、お金を手段として扱うことができる人間だということです。)
 
株式や債券と言った金融商品も全てが利益を得る仕組みになっています。
だからこそ、金融知識を正しく理解して、それを伝えないといけないし、そうしない限りいつかは破綻していくと思っています。